2日間の集中コースです。印刷に特化したマーケティングによって、自社の強みを活かした独自のビジネスモデルを構築するノウハウが身につきます。

a. マーケティング環境分析
自社の市場について理解する ( 印刷市場構造の変化( IT 環境、印刷物発注の流れの変化など)

b. 競合分析
業界内での直接的競合
異業種との間接的競合

c. 顧客ニーズ分析
顧客ニーズに対応するための課題(技術、認知度等)

d. SWOT チャート作成
a 〜cの要素から、自社の強みと弱み、市場環境の変化の影響を視覚化して分析する。
市場における自社のビジネスチャンスを発見する

e. マーケティングブリックチャート作成
アプリケーションを分析する (業界、業種、印刷物のアプリケーションをマトリックス化し、対象とする市場特性、および自社の特徴に合った、ビジネス上有利なアプリケーションを発見する )
自社のマーケットにあったアプリケーション(印刷物の種類 / 用途)を見つける

f. ポジショニング
e で分析したアプリケーション(印刷物の種類 / 用途)に優先順位を付ける 最大の効果をあげるため、絞り込んだアプリケーションの中で優先順位を付ける 選択基準例:市場の大きさ、利幅、参入容易性、販売サイクルなど


g. 具体的な目標を設定する
業種、企業内部門別にオンデマンド印刷に適したプロスペクト(見込客)を分析する
量、価値、シェア、成長率、費用対予算、利益等、数値化が可能な目標を設定し方向付けを行う

h. 目標を実現するための具体的なマーケティングプランを作成する。
Price(価格)、Product(製品)、Promotion(プロモーション)、Place(流通)、さらにPeople(人材)を加えたマーケティングミックスによる包括的なプランを作成する
価格戦略: 製品を価格と付加価値のセグメントに分けて分析し、顧客を惹きつける価格体系を設計する
製品差別化戦略: 製品機能、競合との優位性を明確にし顧客が得られる利益がわかりやすい製品サービスを構築
流通戦略: 自社の営業マンの数、営業エリア、配送方法、顧客の拠点などを分析し、最適な販売チャネルを導き出す
プロモーション戦略:自社製品に対する顧客心理を5段階にセグメントし、それぞれの状態に最適な手段のプロモーション活動を決定する。また、顧客ニーズに合ったサービスを顧客の利益として再認識させる
人材戦略: 求人活動、教育、目標管理、報奨制度などにより知識とスキル、モチベーションを高め戦力となる人材を育てる。

i. マーケティングプランのプレゼンテーションを行う


j. オンデマンド印刷事例で最新のリアルビジネスを体験する
オンデマンド印刷のみが実現できるアプリケーション、バリアブル印刷の成功事例
1 to 1マーケティングに求められるCRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)とは?
カーディーラーの顧客をターゲットにした場合、最も効果的なマーケティング手法とは?
現在、最も進んだ印刷手法とは?


講座終了後に、ご希望により個人面談を行います。受講者の方が講座で学んだことをどのように自社のビジネスに活かせばよいのか、あるいは自社で抱える問題を講師に直接相談することができます。遠方の方はお電話で面談を行えます。面談、電話面談共に時間は45分間です。





 

         
© Print On Demand promotion committee all rights reserved