印刷ワークフローは大きく変わり、デジタル印刷のシェアが年々伸びています。従来の印刷手法にはそれにあった営業スタイルがあったように、デジタル印刷並びにオンデマンド印刷にもそれぞれにあった営業スタイルがあります。小ロットのスピード印刷もオンデマンド印刷のサービスの1つではありますが、デジタル印刷、オンデマンド印刷の特性を活かしたバリアブルで大ロットの印刷を取るためにはどうすればよいのでしょうか。
オンデマンド印刷ビジネスで成功するためには印刷サービス提供企業が顧客の要求に合った印刷物の用途を開発し、顧客メリットをわかりやすく提案することが不可欠ですが、両方を正しく行うには従来の印刷受注とは違うマーケティングとそれにあった営業のノウハウ、スキルが必要になります。実際に、オンデマンド印刷で成功している企業は新しい形態の印刷にあった手法を持ち、単なる印刷サービスから脱却し顧客のビジネスの本質を理解した上でそれを支援するサービスの展開をしているのです。
当社では、皆様が新しい印刷ビジネスを円滑に行うために必要なスキルを習得するための講座を提供しています。「オンデマンド印刷実践マーケティング講座」は、マーケティングスキルの習得、そしてと「オンデマンド印刷実践ロジカルセールス講座」はセールススキルの習得を目的としています。
また講座の特徴として、参加者全員に発言の機会があり、全ての方が一様に即座にビジネスの現場で役立てることができます。マーケティングでは、ターゲットを明確化し具体的な計画を立て実施していくことが結果的に成果をあげます。ターゲットを明確化するには、フォーカスする必要があります。したがって、この講座はデジタルプリントにフォーカスして成果をあげやすいように工夫したプログラムになっています。これがすぐに成果が出る理由です。


印刷会社、複写会社など、印刷サービスを提供されている企業の方
印刷サービスに参入を検討されている企業の方
印刷関連機材/ソフトを提供されているメーカー/販社の方

こんな課題をお持ちの方におすすめします
オンデマンド印刷部門の売上を短期間で増やしたい
顧客に受け入れられる新しい印刷サービスを提案したい
付加価値の高いサービスによって価格競争から脱け出したい
営業マンがオンデマンド印刷の営業を敬遠する
印刷ビジネスに参入したいがどの市場を狙えばよいか絞りきれない
印刷機材/ソフトを販売する際に顧客に導入メリットを提案したい
オンデマンド印刷機を販売した顧客の売上が伸び悩んでいる
「顧客の困り事」の引き出し方がわからない
どうも「提案」が「押し付け」になっているようだ
ソリューションセールスと言われるが、 顧客の抱えている問題と売りたい商品がマッチせず受注できない
顧客に何を話せば効果的なのかがわからない
受注しても単発で、継続的な仕事にならない
営業担当者を客先へ行かせているが、どうもチャンスとなるキーワードを聞き逃し新たな受注に通じてないようだ
受注する最大のポイントは価格を安くすること?

実践マーケティング講座には3種類のプログラムがあります

マーケティング集中講座  [短期間に集中してマーケティングを身に付けたい方向け]
二日間連続で集中的に講義、グループワークを行うプログラムです。
講座は東京都内で開催しております。

マーケティング通信講座  [まとまった時間が取れない方向け]
毎月送られてくるテキストと講義のCDを使って、職場や自宅でマーケティングを学びます。
テキストとCDは6ヶ月間にわたって毎月お送りします。

ロジカルセールス講座  [短期間に集中してセールススキルを身に付けたい方向け]
二日間に渡り集中的に講義、グループワーク、ロールプレイングを行うプログラムです。
講座は東京都内で開催しております。







 

         
© Print On Demand promotion committee all rights reserved